ブログトップ

蒼月の絵手紙 ex

sougetsunoetegami.exblog.jp

絵手紙修行中。ヘタは下手なりに、楽しんでおります。

使って居るパソコンは3台目だったと思う。
周辺機器を含めて、故障かと思うような時は、電話
相談でこの20年間、何とか凌いできた。
先日ネットでの検索入力をして文字変換した時に
フリーズしてしまうのでEoサポートに電話相談したが、
女性指導員の発声するある音が聞こえづらく、全体の
意味が捉えにくく、それ以来電話相談はやれなくなった。
ある音程が聞こえにくい難聴も有るらしい。
いよいよパソコン依存も終わりに近づいたのかも知れ
ない。
そろそろスマホに切り替える時期かも知れない。
スマホならショップが近いのですぐ相談に行ける。
出来る事ならPCとガラケーで終わりたい。

b0394397_16271142.jpg

[PR]
# by sougetsu-konoe | 2018-11-13 05:33 | ブログ | Comments(0)

厚労省が年金の受け取りを70歳まで働いて、それから受給
したら、
額30万円になるという事を言い出した。

それが出来る人ならそれで良いだろう。

人の考えと事情はいろいろ有って、仕事が好きな人ばかりでは
無い。
この案を作成した公務員は、例え健康体であっても決して70歳まで
働かないだろう。

天下りでたまに出社して気楽にやって行けるならやるだろうが。

自分の健康状態、職場環境、家庭環境などを考えたら、この案に賛同
出来かねる人は多い。

人の寿命は誰にも判らない。30万円受け取れる70歳に成って
ポックリ逝っては何のための年金だったか分らない。

100歳時代と言っても自分が楽しめる体力、健康寿命は平均男なら
72歳~女性なら76歳までだ。

その事を思えば年金取得は62歳から66歳が上限だ。

リタイアー後で健康で生きている間は楽しめる体で居たいものだ。

b0394397_19275473.jpg


[PR]
# by sougetsu-konoe | 2018-11-12 05:13 | ブログ | Comments(0)

先月末に投函した絵手紙3通の内、一枚画返送されて
きた。
よく見ると私の自宅と同じ郵便番号の住所で、20年来
通院している内科医院に出したのが返ってきた。
シニアの勘違いと言うかボケたのであろう。郵便番号を
記入して、住所を書く時に郵便番号が自宅と同じだった
ので、自分の住所を書いてしまったのだ。
返ってくるのは当然だ。これでは行き場所がない。
たまに同じ様な失敗を過去にやって居るが、投函する
前に気付いて書き直している。
勿論絵も描き直しだ。
先日スーパーのレジで代金を払ったのに、女子学生の
アルバイトが「まだお金は貰ってない」と言い張るので
もう一度1000円札を出して精算して帰ってきた。
しばらくしてその学生レジが1000円持って追っかけ
て来た。
どうも考え事をしていたようだ。この若い子が間違う
位だから、5倍も歳を喰った自分が2度も支払っても
不思議では無いと、変な納得をして、帰路に付いた。
その逆もやって居るかもしれない。最近は小遣い帳が
現金残と合うことはめったに無い。


b0394397_19170633.jpg

[PR]
# by sougetsu-konoe | 2018-11-11 05:41 | ブログ | Comments(0)
国会が始まって、片山さつき地方創生担当大臣、桜田
五輪担当大臣のお二人で審議が進まないというより、
野党は何とか辞任に追い込もうと躍起に成って居るが、
組閣時の大臣の決め方は安倍総理が菅官房長官と相談
してやって居る様に思えるが、派閥の貢献度に応じて
派閥に大臣の人数割を伝えて、派閥内で決めている
部分がかなり有るらしい。
派閥内では、順番待ちをしていた候補者に派閥の長が
指名して決まる場合もある。
そうなると問題を起こした大臣の任命責任は総理より
派閥の長に有ると言ってよい。
前述の二名の大臣は、くしくも二階自由民主党幹事長の
おひざ元の議員である。
この安倍総理三選の立役者:二階幹事長がこのような
大臣を送り出したことはやはり色々な意味での人材不足
といわざるを得ないし、身体検査が甘かったのだ。
安倍さんも、もうぼつぼつ始末をつけないと自分の
宿題もやれないだろう。
いよいよ疑惑まみれの方は、最終任命責任者が何とか
しなければ収まりが付かないでしょうね。
はやくも国会会期延長の話が出始めている。


b0394397_07501837.jpg

[PR]
# by sougetsu-konoe | 2018-11-10 07:52 | ブログ | Comments(0)
ほぼ無制限状態だった高齢者に対する薬の処方に
厚労省が手を付けるらしい。もっと速くやるべき問題だ。
高齢者の多剤服用防止で処方見直し、減薬へ踏み切る
らしい。
聞くところによると、医師が出す薬を貰っても服用
せずに捨てている患者が多いのに驚いている。
高齢者は医療費の負担率が1割と低いので、医者も出し
やすいのであろう。
医師にちょっと体調の不具合を言うと、すぐ薬の種類が
増える。
小さい医院ならお薬手帳を持って行かなくても良いので、
ノーチェックの不安もある。
多剤服用で副作用が出る心配も有る。
診察無しで、すぐ薬を出す医院は別名「一割薬局」と
呼んでいるお婆ちゃんが居た。
我々がドラッグストアーで目薬を買う様に、眼科医院で
目薬を貰っていた。
量から考えると自分以外の人も使って居るのだろう。
好意で人にあげるのもあれば、金に換えている者も居る
と聞いている。
これでは国家予算が膨れ上がるも当然の結果である。
これは非売品だと思うんだが。

b0394397_15375571.jpg

[PR]
# by sougetsu-konoe | 2018-11-09 06:00 | ブログ | Comments(2)