人気ブログランキング |
ブログトップ

蒼月の絵手紙 ex

sougetsunoetegami.exblog.jp

絵手紙修行中。ヘタは下手なりに、楽しんでおります。

背中を押す

先日パラリンピックの生い立ちの中で、日本で起こった

事を劇化したテレビ番組が放映された。両脚の機能を無くした
少年と医師の物語です。

今では珍しく無いが、人生に対する少年の無気力さを憂いて、

医師が車いすでのバスケットボールを少年に強く勧めたのだ。

脚の事を気にしている少年に、「無くした物を数えるな。
残ったものを数えよ」と。「死児の齢を数えるな」という事です。

我々気の弱い者がする事は似ている。背中をちょっと押して
くれたら動き出せる。そんな背中を押してくれる人が少なく成った。

加齢と肝障害で体力の落ちた時、今の絵手紙の師匠が、背中を
押してくれました。

いま絵手紙を楽しんでおります。

b0394397_09221747.jpg


by sougetsu-konoe | 2018-08-26 09:26 | 絵手紙 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード