ブログトップ

蒼月の絵手紙 ex

sougetsunoetegami.exblog.jp

絵手紙修行中。ヘタは下手なりに、楽しんでおります。

丸刈り


最近とみに
頭のてっぺんが薄く成って来ました。

別に部分かつらを付けようとは思いませんが、親父が亡く成ったのは
77歳
でしたが、その当時の頭の状態に酷似してきたので、その歳を
超えている現在の私も、いよいよだなーと思うように成りました。

家内の嫌がっていたが丸刈りにしようと行きつけの散髪屋さんに出掛けた。

てっぺんの毛の長さを3.5cmにしたが、あまり丸刈りをやった様には

見えなかった。

どちらかと言えば顔の小さい方なので、家内曰く「顔が小さく貧相に見える」
と一言。

女性ならば8~9頭身美人なのだが、この爺では貧相に見えるらしい。

次回はもう少し短くしてみよう。

短くしたら少し伸びれば目立つので、反って床屋に行く回数が増えそうです。

毛が少ないのに料金は同じで、ハサミもあまり使わずバリカンですよ。

毛が少ないからと言って安くはならない。理由は手間は一緒だそうです



b0394397_14520356.jpg


[PR]
by sougetsu-konoe | 2018-10-30 05:40 | ブログ | Comments(2)
Commented by o-rudohime at 2018-10-30 06:22
親にお金と頭髪があるのを自慢してはいけないと言われていました。
確かに!この年になってやっと理解できるようになりました。
ヤマボウシの実初めて見ました。
Commented by sougetsu-konoe at 2018-10-30 06:44
> o-rudohimeさん
気にしていないと言いながら、心の片隅では自虐的に成って居る自分が哀れで、
それでいてこの歳に成って、可笑しさがこみ上げてくるのは、やはりあなたの
親御さんは人の心を、よく理解されていた金言だと思います。