人気ブログランキング |
ブログトップ

蒼月の絵手紙 ex

sougetsunoetegami.exblog.jp

絵手紙修行中。ヘタは下手なりに、楽しんでおります。

高齢者の多剤服用防止

ほぼ無制限状態だった高齢者に対する薬の処方に
厚労省が手を付けるらしい。もっと速くやるべき問題だ。
高齢者の多剤服用防止で処方見直し、減薬へ踏み切る
らしい。
聞くところによると、医師が出す薬を貰っても服用
せずに捨てている患者が多いのに驚いている。
高齢者は医療費の負担率が1割と低いので、医者も出し
やすいのであろう。
医師にちょっと体調の不具合を言うと、すぐ薬の種類が
増える。
小さい医院ならお薬手帳を持って行かなくても良いので、
ノーチェックの不安もある。
多剤服用で副作用が出る心配も有る。
診察無しで、すぐ薬を出す医院は別名「一割薬局」と
呼んでいるお婆ちゃんが居た。
我々がドラッグストアーで目薬を買う様に、眼科医院で
目薬を貰っていた。
量から考えると自分以外の人も使って居るのだろう。
好意で人にあげるのもあれば、金に換えている者も居る
と聞いている。
これでは国家予算が膨れ上がるも当然の結果である。
これは非売品だと思うんだが。

b0394397_15375571.jpg

by sougetsu-konoe | 2018-11-09 06:00 | ブログ | Comments(2)
Commented by o-rudohime at 2018-11-09 08:20
処方箋を持って薬局へ行くと「また薬が増えましたね」と言われます。
身近に事務所を構え薬の買い取りをしている会社があります。
流れていく先は海外でしょう。
海外に住んでいた時ガレージセールで賞味期限の切れた薬が混じっていたのも中国人がまとめて買っていきました。
保険の使えない薬の処方箋は高いです。
Commented by sougetsu-konoe at 2018-11-09 11:32
> o-rudohimeさん
そのような買い取り会社が有ることを知りませんでした。
あなたのブログで似顔絵をお褒め頂き、恐縮しております。
一笑千金の棟方志功さんが大好きですが、先日模写致しましたが、
あなたの絵の様に色気を醸し出す事は出来ませんでした。
もう枯れてしまっております。
ご旅行との事、また寂しく成りますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード