人気ブログランキング |
ブログトップ

蒼月の絵手紙 ex

sougetsunoetegami.exblog.jp

絵手紙修行中。ヘタは下手なりに、楽しんでおります。

高齢者と病院

昔は内科に掛かったら、触診が付き物であった。
最近は触診では無く問診だけだ。聴診器を使う事も稀で
ある。
昔人間の私などは、それで病気が治せるのか心配に成る
類の人間である。
最近はカルテも電子化されて、医師はパソコンを見て
ばかりいるから、余計に不安に成ってくる。
体を診て欲しい。
大きな病院などで壁に貼り紙を見て不安に成った事が
有る。超音波検査室(エコー科)であった。
「医学生の教育の為、エコーでの診察を実習さすから
ご理解の程・・・」など書いてあった。
昔よく言われた「大学病院は実験台にされる」である。
その日はたまたま、そんな医学生に当たってしまった。
不安がそのまま当たってしまった。
そばに誰か先輩が付くのかと思って居たが、一人で
やりだした。
しかしほとんどエコーの操作が出来ない学生だ。
もう死にそうな高齢者でもこれはいくら何でも
酷過ぎる。
学生もそれを上司にも、私にも言えずに、いたずらに
時間は過ぎて行った。学生さんも哀れであったが、
こちらも言いようの無い不安と情けない気分に成った。
我々高齢者は医者に対して弱者ですね。

b0394397_17293964.jpg

by sougetsu-konoe | 2018-12-16 23:00 | ブログ | Comments(2)
Commented by pikorin77jp at 2018-12-17 18:19
気持ちが凄く伝わる絵と文章。お気持ちわかります。
Commented by sougetsu-konoe at 2018-12-17 20:14
この時の超音波検診はC肝が治癒されたと思われた後の肝がんを見つける
検査で、医学生には荷の重い検査だった筈です。心配で心臓がパクパク
しておりました。健康は命より大切ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード